「 静岡県 」一覧

中学入試プレイバック2019 「ラ・サール中学」

なかなかいやらしく都道府県を説明した問題です。

Aは2つ政令指定都市があると説明されていますので、選択肢は2つ以上政令指定都市のある神奈川・静岡・大阪・福岡に限られます。神奈川県の川崎と横浜、大阪府の大阪・堺は南北に接しているので、当てはまりません。福岡県の北九州と福岡は北九州が県東部、福岡が西部にあるので逆です。

静岡県は浜松が県西部に、静岡が県東部にあります。自動車工業が盛んということも当てはまるので、Aは静岡県とわかります。ということはAの空らんに当てはまるのは「ピアノ」になります。楽器といえば浜松ですが、現在浜松市にあったピアノ工場の大半は周辺の都市や海外に移転しています。

Bはやや難解です。ポイントは製紙パルプ業が盛んだということです。製紙パルプ業といえば、静岡県富士市が定番ですが、静岡県はAなので違います。あと、製紙パルプ業の都市というと北海道苫小牧市ですが、文章から違うのは明らかです。製紙・パルプ業の生産が静岡県に次いで愛媛県が2位ということを知っていれば一発ですが、じゃあ愛媛県の製紙パルプ業の都市はどこと言われて答えられる受験生はほぼいないです(四国中央市)。愛媛県と製紙・パルプ業を関連付けする要素が少ない分なかなか思い出しにくいと思われます。むしろ、造船業が盛んな都市から、長崎・佐世保・神戸・呉(ちなみに呉は問題の別の部分で登場しています)・今治…今治のタオルだ!と思いついて答えるほうが楽でしょう。なお、文中に出てくる銅山は別子銅山で県東部の都市は新居浜市です。

なかなか文章の説明でひねりを入れた問題だなと思って見ていたのですが、その先にある問題で脱力しました。

こんなの、みかん確定じゃん。B愛媛、A静岡確定じゃん。途中の問題が別の問題のヒントになることはよくあるのですが、ラ・サール中ほどの難関中がこんな見え見えのヒントを出してはダメです。せっかく文章から推論をたてる問題をつくっておきながら、この表1つでぶち壊しです。

他にも全体的にリード文と設問が浮いている問題が多く、どうもここ数年ラ・サール中の問題は「難関校の問題としては」首をかしげる問題が多いですね。


パルプ・紙・紙加工品製造業出荷額が多い都道府県トップ5

製紙パルプ業ランキング

比較的よく出てくるランキングが登場しました。静岡県の製紙パルプ業と言えば富士市です。富士市はトイレットペーパーの生産が全国屈指で知られています。そんな富士市を市町村として上回っているのが、愛媛県の四国中央市というのは以前紹介しました

関東地方は段ボールの生産が多く、埼玉県が3位に入っているのはそのためだと思われます。段ボールは物流に欠かせないものであり、古紙の集まりやすい大都市周辺のほうが便利のようです。


木材・木製品製造業出荷額が多い都道府県トップ5

家具を除く木材・木製品の都道府県ランキングです。ぶっちゃけ、入試で見たことないですね。ここでいう木材・木製品というのはベニヤ板など建材があてはまります。

静岡県は製紙・パルプ業がさかんなことからもわかるように元々豊富な森林資源がありましたから、こういうランキングでは強いですね。北海道も同様です。茨城県も地味ながらいろんなランキングに顔を出す都道府県ですね。


飲料・たばこ・飼料製造業出荷額が多い都道府県トップ5

飲料・たばこのランキングは京都・静岡というお茶の生産地が上位に来ています。意外なのは3位栃木。ちなみに今年のデータはまだ公表されていませんが、去年の市町村別生産額は宇都宮市がダントツの1位です。飲料メーカーの工場や首都圏向けの牛乳生産が盛んなことが要因です。


食料品製造業出荷額が多い都道府県トップ5

経済産業省が行っている日本の工業に関する統計「日本工業調査」の概要版がリリースされましたので、随時ご紹介したいと思います。概要版では都道府県単位で産業ごとの出荷額がわかります。今回は食料品製造業のランキングです。

今年も北海道が安定の首位。埼玉と愛知は去年と順位が入れ替わりました。昨年6位だった千葉県が神奈川県を抜いて5位にはいっています。
ちなみに、例年のデータでいうと市町村別のランキングでは北海道は上位に入ってきません。いろんな市町村でまんべんなく生産されているということになります。


中学入試プレイバック2018 「フェリス女学院中学」

問題としては別に大した問題ではなく、むしろ正解しないと大きなビハインドを背負う基本問題です。

茶の生産といえば静岡県です。静岡県の牧ノ原(市の名前は牧之原市)で茶の栽培がさかんというのは基本中の基本。牧ノ原で茶の栽培が始まったのは明治時代。江戸幕府の家臣が中心となって開拓を行ったのが、そのきっかけです。

鹿児島県は温暖な気候を生かして、新茶を4月ごろに出荷することできます。また、作業の機械化が進んでおり、静岡県が16,300haで31,800tを生産しているのに対し、鹿児島県は8,020haで22,700t(ともに平成27年)を生産しており、効率化が図られていることがわかります。公益社団法人鹿児島県茶業会議所のサイトのデータを見れば分かるように、かつては数パーセントしかなかったシェアが現在では3割近くに伸びていることが分かります。近い将来、茶の絶対王者・静岡県をとらえる日が来るのかもしれません。

答:ア


スポンサーリンク