「 面積 」一覧

予習シリーズ社会解説 「5年上第9回 日本のすがた」

「日本は狭い国か広い国か?」

この質問をすると、大抵の子どもは「狭い国」といいます。世界には190あまりの国がありますが、日本の面積は61位です。日本は全体でいえば、広い国ということになります。そういうと、子どもたちはちょっとびっくりするので、こういった国土に関する単元の導入としては最適ですね。

さらにいうと、日本は周囲200カイリの排他的経済水域がとても広いです。国土の約11倍あり、世界でも上位です(予習シリーズでは6位とありますが、排他的経済水域は取り方によって順位が前後するようで、順位が出ることはありません)。

経線・緯線について注意すべきポイントは日本標準時子午線です。日本の標準時子午線は東経135度で兵庫県明石市を通るというのは基本知識です。注意ポイントは「東経」を忘れないことです。「日本の標準時子午線は経度何度か答えなさい」という問題を出題すると必ず「135度」とだけ書いて不正解になる生徒がいます。きちんと「東経135度」と書くように指導しています(それでも書き忘れは発生するのですが…)。
時差はできるだけ簡単に説明するようにしています。難しくやりすぎるとドツボになりがちです。地球は一周360度で24時間で分けると15度で1時間になります。日本は(本初子午線の通る)イギリスより9時間早いぐらいわかっておけば十分でしょう。
ちなみに、アメリカは標準時が4つ、ロシアは11あるというと、けっこういい反応をしてくれます。

日本の面積…約38万㎢
日本の人口…約1億2700万人

この2つはそのものが入試に出題されるわけではありませんが、ほかの国と日本を比較するうえで基本データとなるので必ず覚える必要があります。人口密度は12700万÷38万=約340人/㎢と計算で出すことができます。世界の人口・面積は1,2位がわかるようにしておきましょう。それぞれ1位は結構子どもたちでも知っていますが、人口2位インド、面積2位カナダは知らないです。

領土問題は(政治的に)難しい問題なのであまり深く立ち入らないようにしています。受験的には問題が起きている場所と対立をしている国が言えるようにしておけば大丈夫です。

過疎過密は対になっているものなので、セットで教えるようにしています。4年生のときに学習しているヒートアイランド現象について、再度説明しておいたほうがいいですね。

少子化と高齢化については、5年生段階では現象だけ理解しておけば十分です。背景については、生徒に聞かれれば少し答えるぐらいのスタンスで授業をしています。ところで、

高齢化社会…高齢者の割合が7%以上
高齢社会…高齢者の割合が14%以上
超高齢社会…高齢社会の割合が21%以上

という分類があるのですが、28%以上の呼び名は今のところありません。近い将来、日本の高齢者の割合は28%を超えます。どう呼ぶようになるんでしょうね。…スーパー高齢社会?


面積の広い都道府県、狭い都道府県

今回取り上げるのは、都道府県別の面積という社会科を語るうえで欠かせない基本データです。

都道府県別面積(2015年,㎢)

1 北海道 83,424 17 宮崎 6,794 33 福井 4,190
2 岩手 15,275 18 島根 6,708 34 石川 4,186
3 福島 13,784 19 山形 6,652 35 徳島 4,147
4 長野 13,104 20 栃木 6,408 36 長崎 4,132
5 秋田 11,638 21 群馬 6,362 37 埼玉 3,768
6 新潟 10,364 22 山口 6,112 38 滋賀 3,767
7 岐阜 9,769 23 茨城 6,097 39 奈良 3,691
8 青森 9,646 24 三重 5,759 40 鳥取 3,507
9 鹿児島 9,043 25 愛媛 5,676 41 佐賀 2,441
10 広島 8,479 26 愛知 5,123 42 神奈川 2,416
11 兵庫 8,401 27 大分 5,100 43 沖縄 2,281
12 熊本 7,272 28 千葉 5,083 44 東京 2,106
13 静岡 7,253 29 福岡 4,854 45 富山 2,046
14 高知 7,104 30 和歌山 4,725 46 大阪 1,905
15 岡山 7,011 31 京都 4,612 47 香川 1,863
16 宮城 6,859 32 山梨 4,254

社会科で都道府県ごとのデータが表になっており、そのデータからどの都道府県かを特定させる問題は定番の1つです。面積は、当たり前ですが年度ごとの数値の変動がほとんどありません(あったら大ニュースですよね)。数値は知らなくても感覚的になんとなく面積の広い都道府県、狭い都道府県はイメージしやすいです。そのため、面積は都道府県の特定に役立つデータといえるでしょう。

とはいえ、数値だけ見たときにどれくらいが面積が広いのか、もしくは狭いのかというのは意外とわからないものです。入試では、上のようにすべての都道府県が提示されているわけではなく、いくつかピックアップされた都道府県で判別しないといけません。

まず、上位から。北海道は別格として、面積の広い都道府県は10,000㎢以上と理解しておきましょう。岩手・福島・長野・秋田・新潟というメンバーも知っておきたいです。この中での、順位はそれほど重要視しません。入試はクイズではないので、都道府県の面積順位を暗記していないと解けない問題は出題されません。それが分かっていなくても他で判別できる要素があるはずなので、おおよその絞り込みができれば十分です。

逆に下位に目を向けると、面積が一番狭い香川を筆頭に面積の狭い都道府県は2,000㎢程度であることが分かります。なんとなく面積が狭そうな沖縄より東京・富山・大阪が狭いというのはポイントです。沖縄はたくさん島があるので合計するとそれなりの面積になるのです。

最後に、普通の都道府県がどれくらいか。上のデータを見ると、ちょうど真ん中の24位が三重県です。約5,000㎢が都道府県の面積の標準と覚えておくといいでしょう。

まとめるとこうなります。
都道府県の面積が広い⇒10,000㎢以上
都道府県の面積が狭い⇒2,000㎢程度
標準的な都道府県⇒5,000㎢前後


スポンサーリンク