「 高松市 」一覧

入試に出る都道府県 「香川県」


・香川県は日本で最も面積の狭い都道府県である。
・地図中Aは県庁所在地の高松市。高松市は瀬戸内の気候について問う問題の代表的な例としてよく登場する。
瀬戸大橋は香川県と岡山県を結んでいる。


・香川県北部の讃岐平野は降水量が少ないことで有名で、古くからかんがいに備えて多くのため池がつくられた。現在は吉野川を水源とした香川用水を利用している。かつては小麦の生産が盛んで、小麦を原料としたうどんの生産がさかん。


・地図中Bは坂出市。瀬戸大橋は坂出を起点としている。造船業がさかん。
・地図中Cは小豆島。瀬戸内海で2番目に大きい島でオリーブの栽培がさかん。


・源平の戦いの1つである屋島の戦いが行われたのが現在の香川県である。

面積:1,876㎢(2019年)
人口:約95万人(2019年)


予習シリーズ社会解説 「4年下第6回 ふるさとじまん(5)~中国・四国地方~」

中国・四国地方は県名と県庁所在地が異なる都道府県が3つあります。
島根県…江市
香川県…高
愛媛県…山市

見ての通り全ての県に松が付きます。県名と県庁所在地が異なる都道府県を覚えるときに、北関東の都道府県と並びネックになるところです。

「水の都」松江の名前の由来は諸説あるようですが、江という漢字には湖や川の意味があります。松江の近くにはしじみの養殖で有名な宍道湖があります。ここは、島根・松江・宍道湖・しじみという4点セットで覚えてしまいたいですね。知識を定着させる基本は関連付けです。宍道湖は意外と入試に出ますし、しじみがでてきたら間違いなく宍道湖もしくは島根県を表すキーワードとして都道府県の特定に役立つ実戦向きの知識です。
石見銀山や出雲大社など意外と島根県は入試で出題されることが多い都道府県です。

愛媛県でみかんの栽培がさかんということを知っている生徒は多いと思います。予習シリーズで、愛媛県の項目ででだんだん畑を紹介しています。そこで、愛媛県では山の斜面を切り開いた、だんだん畑でみかんの栽培が盛んということから松を印象付けます。

高松は…ちょっと思いつかなかったので、頑張れといつも言っています。3つのうち、2つを関連付けられれば、残り1つは「残った香川が高松」と考えてほしいです。もっとも、高松市は雨温図の問題で瀬戸内の気候の代表例としてでてくるので、確認する機会も多く割と自然に覚えさせられます。

学習を深めるページでも登場していますが、広島と長崎に原子爆弾が投下された話はここで入れておきたいところです。この段階では日付などはでませんが、入試で頻出でもありますし、日本人である以上知っておかなければならない知識です。


スポンサーリンク