「 高校受験 」一覧

受験直前は難しいことをやらない

年も明け、受験シーズンが目の前です。この時期、中学受験と高校受験では様相が全く違います。
高校受験は学校の学年末テストがあり3学期の内申点が入試に反映される地域では、定期テスト対策もしなくてはいけません。2学期の内申点で評価されたり、入試の点数のみで勝負する形式の学校であっても、高校受験は受験対策に入れるタイミングが遅く、まだまだやるべきことだらけです。受験校の入試問題の演習が一通り終わっていない可能性も十分あるぐらいです。

それに対して、早い段階から受験を見据えた勉強のできる中学受験の場合、この時期よく聞かれるのが「やることがない」という声です。志望校の入試問題も終わり、塾からのテキストも終わってしまい、毎週のようにあった模試もない。嵐の前の静けさ、凪のような状態です。

受験直前の中学受験の鉄則は「難しい新しいことに手を出さないこと」です。この時期すべきことは、新しい問題を解いて学力を高めることではありません。大事なのは、いかに入試本番で自分の持っている力を100%近く発揮できるどうかです。ほとんどの小学6年生にとって受験本番は、これまでの人生の中で最も緊張する瞬間です。特に最初に受験する学校は、偏差値上どれだけ余裕があり、絶対に合格するという確信があっても緊張します。これは、小6という年齢を考えれば当然です。それにあたって必要なのは「できる」という自分を信じる気持ちです。最悪なのは、難しい問題を取り組んで「できない」と不安になることです。
そうすると、やるべきことはこれまで解いてきた問題のやり直しになります。ありきたりですが、これまでに受けた模試の問題で「正答率が高く、自分が間違えた問題」が最優先にやるべきことです。

受験直前といえば、理科・社会の暗記科目に力を入れることが定番です。ただし、現在の難関中学入試は暗記しただけでできるような問題ばかりではありません。理科・社会に目を向けすぎて、算数・国語がおろそかにならないように気を付けてください。出来るようになるには時間がかかりますが、忘れるのはあっという間です。

風邪をひかないようにするのは当然ですが、引くときは引きます。直前に風邪をひいて休まないといけないと思うと焦るのは当然ですが、引いてしまったときに落ち着いて行動しましょう。難しいとは思いますが「受験当日じゃなくてよかったね」と割り切りる気持ちが必要です。


スポンサーリンク